Termite Control ~長く住める家に~

シロアリや羽アリの相談、無料調査見積もりは下記の電話番号で受け付けております。

電話受付:平日9時~18時
※営業時間外はメールにてお問い合わせください。担当者よりご連絡致します。
0120-966-806

※シロアリ防除は、西日本シロアリ防除の事業です。

シロアリとは?

シロアリの写真

シロアリは、自然界の中では枯れ木や落葉、倒木などを餌として、森の循環機能の1つとして非常に重要な役割を担っています。
しかしながら、シロアリには枯れ木と人の家の柱との違いが分からないため、人間界では人の住む家を餌場と思って食い荒らしてしまう住宅被害がみられます。
シロアリは、自然界の中では「益虫」とされますが、私たちの人間の暮らしにとっては「家屋害虫」とされています。

シロアリと人間が共存するために

シロアリが建物に侵入をしたら、被害の進行を止めるために早く駆除をしなければなりません。
集団生活を営むシロアリは完全に駆除する必要があるため、数万頭から百万頭のシロアリを駆除します。

しかしながら、シロアリも命を授かった生き物、シロアリが人の家に近づけないよう施工を行うことでシロアリと人間が共存することができます。

シロアリ被害の4つの影響

シロアリ被害
シロアリは、一たび建物に侵入をすると、木材の柱や土台を食害していきます。
シロアリ被害による人間への影響は次の4つです。

居住の安全性の低下

シロアリ被害写真2
シロアリによって食害された木材は空洞化していくため、そのまま放置しておくと強度が低下します。
シロアリ被害の部位によっては、建物の耐震性に影響することがあります。
阪神淡路大震災で家屋全壊した建物の調査では、
シロアリ被害による影響が直接的な倒壊原因であった割合が多いと報告されています。

資産価値の減損

シロアリ被害に遭うことで、建物の美観や機能を損ねることがあります。

経済性への影響

被害場所によっては、修復の際に足場などの付帯工事も必要となり、費用が大きくなることがあります。

近隣への影響

シロアリ被害が進行すると大量の羽アリとなって巣別れをします。
沢山の羽アリが近所に飛んでいき、近隣関係に影響することがあります。

羽アリについて

羽アリ

シロアリの羽アリの特徴

・前後4枚の羽の大きさが同じ
・胴体が寸胴(くびれがない)
・触覚が数珠状
・羽を落とす

羽アリはシロアリ被害のサインです。
大量の発生はシロアリ被害が疑われます。
数匹程度を見かけたのであれば、飛来してきた可能性が考えられますが、
調査、対策を行うことをお勧めします。

シロアリ被害を予防する方法

ケミカル工法

土壌面に薬剤のバリア層を作り、シロアリが建物に侵入をできないようにします。

維持管理型ベイト工法

建物の周囲に餌木や毒餌を設置し、建物をシロアリ被害から護る方法です。

ITM

上記の2つの工法を組み合わせた方法です。

シロアリ予防の事例

~準備中~

シロアリを駆除する方法

シロアリを駆除するには、まずはシロアリの侵入経路、シロアリの種類、建物の構造を把握する必要があります。

ヤマトシロアリ駆除の事例

~準備中~

イエシロアリ駆除の事例

~準備中~

無料調査・見積もり

電話受付:平日9時~18時
※営業時間外はメールにてお問い合わせください。担当者よりご連絡致します。
0120-966-806(関連会社:駆除の匠・西日本シロアリ防除)

     
    必須お問い合わせの内容
    必須お名前
    必須電話番号
    任意メールアドレス
    必須都道府県

    必須市区町村
    任意それ以降の住所
    任意お問合せ・相談内容

    ご相談内容などご自由にご記入ください。