新型コロナ消毒の現場から
~確実に二次感染予防を行うために~

新型コロナウイルス除菌作業

新型コロナウイルスの感染経路は一般的には「飛沫」と「接触」と言われていますので、消毒作業では確実に接触感染を防ぐための作業を行う必要がありますが、
ウイルスの不活化に有効な濃度と量の消毒薬剤を噴霧しても、消毒面に埃や水分があると、ウイルスが不活化されない場合があります。

つまり、消毒薬剤の「噴霧だけ」であれば、埃や皮脂の付着によってウイルスの不活化を損じ、物から人へ人から物へを繰り返して、室内にウイルスが再拡大してしまう可能性があります。

したがって、接触面に対しては、消毒薬剤を噴霧後、埃や皮脂、水分を除去し、再消毒を行うことで確実に接触感染を防ぐ必要があります。

また、イナバ抗菌サービスの新型コロナウイルスの消毒作業では、感染現場で確実に二次感染を防ぐためには人の導線を考えた消毒作業を行う必要があると考えています。
例えば、感染者のデスクがあるのならば、対面デスクや周辺の椅子の取っ手、入口までの導線など、環境中でウイルスが付着して拡散しやすいだろう箇所想定して入念に消毒することで、二次感染の予防を行っております。

福岡市・北九州市近郊で新型コロナウイルス消毒はコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です