新型コロナ消毒の現場から
~確実に二次感染予防を行うために~

新型コロナウイルス除菌作業

新型コロナウイルスの感染経路は一般的には「飛沫」と「接触」と言われていますので、消毒作業では確実に接触感染を防ぐための作業を行う必要がありますが、
ウイルスの不活化に有効な濃度と量の消毒薬剤を噴霧しても、消毒面に埃や水分があると、ウイルスが不活化されない場合があります。

つまり、消毒薬剤の「噴霧だけ」であれば、埃や皮脂の付着によってウイルスの不活化を損じ、物から人へ人から物へを繰り返して、室内にウイルスが再拡大してしまう可能性があります。

したがって、接触面に対しては、消毒薬剤を噴霧後、埃や皮脂、水分を除去し、再消毒を行うことで確実に接触感染を防ぐ必要があります。

また、イナバ抗菌サービスの新型コロナウイルスの消毒作業では、感染現場で確実に二次感染を防ぐためには人の導線を考えた消毒作業を行う必要があると考えています。
例えば、感染者のデスクがあるのならば、対面デスクや周辺の椅子の取っ手、入口までの導線など、環境中でウイルスが付着して拡散しやすいだろう箇所想定して入念に消毒することで、二次感染の予防を行っております。

福岡市・北九州市近郊で新型コロナウイルス消毒はコチラから

新型コロナ消毒の現場から
~感染された方や従業員様、お客様の安心のために私たちができること~

従業員がたくさんいる会社ほど、感染者の発生を繰り返す可能性は高い傾向があります。

実際に、当社でも、複数拠点で事業をされている大手企業様から従業員様がコロナウイルスに感染をされ、同じ企業様から何度も消毒のご依頼を受けています。

新型コロナウイルスの感染者が発生では、感染をされた方が責任を感じ、一番気にして、職場に復帰をしずらいという問題も起こっています。

そのため、当社では、感染をされた方が普段通りに職場に復帰できるように、即日での対応を行い、翌日なにもなかったように通常通り出社できる対応ができるように努めています。

しかしながら、社内で濃厚接触者がいた場合や、予約制の店舗などもあるため、全ての事業者様が、何もなかったかのようにできるわけではありませんので、消毒作業後に、社内のほかのスタッフが安心してお仕事を再開できるように、できる限りで協力をさせていただきます。

卓上POPイメージ
イメージ

先日、クリニックで消毒を行った際、
特に家庭をお持ちの従業員様が、職場で同僚がコロナウイルスに感染をして、不安になられている方もいるとのことでした。
そこで、当社では、スタッフルームの椅子やリモコン、テーブルを光触媒による抗菌コーティングを行い、従業員様が少しでも前向きに、安心をしてお仕事に取り組めるように抗菌済のPOPを置かせていただきました。

また、お客様に対する安心をお作りするために、イナバ抗菌サービスではご依頼者様にできる限りの協力をしています。

福岡市・北九州市近郊で新型コロナウイルス消毒はコチラから

新型コロナ消毒の現場から
~床面への消毒作業が重要な理由~

床の消毒作業後
床の消毒作業後

飛沫したウイルスは、床などに落下します。

床に落下したウイルスは、人の動きによって、飛散し、人やモノに付着する可能性があります。

また、トイレなどの感染源となりやすい場所では、床面でウイルスが多くみられることが知られていますが、
靴の裏底に付着したウイルスが、人と一緒に移動してしまう可能性も考えられます。

そのため、新型コロナウイルスの二次感染を予防する消毒では、床面に対しても行いますが、
床材によっては、アルコールでは脱色、一般的な次亜塩素酸ナトリウムでは変色する恐れがあります。

当社では、変色や脱色のない次亜塩素酸ナトリウム製剤で床面を消毒しています。

福岡市・北九州市近郊で新型コロナウイルス消毒はコチラから

新型コロナウイルス消毒の料金について

先日、コロナ消毒業者を取材したニュースの動画を見ていると

消毒価格が暴落し、消毒作業の質を懸念しているといるような内容を言われていました。

確かに、料金が安いだけで、消毒作業が雑な業者もいるようです。しかし、料金が高いだけで素人の寄せ集めで消毒が雑な業者も多くいるようです。

このニュースを見て思ったのは、

消毒業者には、消毒技術があることは当然としても、

どういった思いで、新型コロナ感染現場の消毒をやっているかということもとても大切だな思いました。

例えば、大きな会社さんになると、何度も消毒のご依頼を頂くこともあります。

「うちがまたいつもの料金で請求をすると、感染された方が肩身の狭い思いをしないだろうか・・」

「コロナの影響で売り上げ落ちてたら大変じゃないかな・・」

そんなこと、ついつい思ってしまいます。

また、クリニックなどで家庭をお持ちの女性が多く働く職場であれば、

営業開始後のスタッフのモラルの低下を防ぐために、経営トップの方はスタッフを感染症から守るための対策をやっていることを示すことも大切だと思います。

当社では、この新型コロナの感染現場でうちにできることは何だろうか・・と考えながらお仕事をさせて頂いています。

当社では、平米500円より消毒作業を行っており、

他社相場よりも安い料金帯ですが、

ウイルスの残存が原因による二次感染者を絶対に出さないという信念を持ち

消毒免許のある者による責任ある丁寧な消毒を行い、社内外に説明ができる報告書類も作成しております。

ありがたいことに、全国多拠点で事業をされて他業者にも消毒を依頼されている企業様からも、他の拠点でも対応してもらえないかとご相談を頂いています。

コロナ患者を受け入れている病院からも当社の消毒方法が認められており、お取引をさせて頂いております。

当社が使用している次亜塩素酸ナトリウムはイオン交換製法で作られたヒトへの安全性の高い消毒剤で、一般的な次亜塩素酸ナトリウムの原価とは比べ物にならないほど高価なものです。消毒作業も消毒に関する資格と経験のある者がだけが行っております。

つまり、消毒業者の質は、料金が安い高いだけではわかりません。

このニュースをみて、同業者として思ったことは、コロナ感染現場の消毒に利益ばかりを求めずに、志を持ってほしいと思いました。

大切なのは、消毒作業の品質と、その業者がどういった思いで、新型コロナ感染現場の消毒をやっているかということだと思います。

【当社で消毒料金が高くなるケース】

・繁忙期
(機会費用が発生するため、小規模案件でも基本料金を頂いております。※施工のご予約を頂くと、場合によっては大きな消毒案件もお断りしなければならないのです。)
・遠方地域
(※小規模案件でも往復の移動時間で一日を費やし、他の消毒現場を入れれないため)
・医療機器など高額な機材がある現場
(※消毒方法も変わり、万が一破損事故があった場合に、高額な損害賠償請求のリスクがあるため)
・ウイルスが変異して感染力や死亡率が著しく高くなった場合

福岡市・北九州市近郊で新型コロナウイルス消毒はコチラから

ガラス面への消毒が重要な理由

コロナウイルスの生存期間は、付着する基材によって大きく異なることが分かっています。

また、気温が低いほど、新型コロナウイルスの生存期間は長くなると言われています。

科学誌バイロロジー・ジャーナルでは、
セ氏20度の環境で、ガラス面の新型コロナウイルスが表面物質のコロナウイルスが90%減少するまで平均6.32 日間、生存期間は最長で28日間と発表しています、
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-10-11/QI1IYAT0AFB401

ウイルスが付着する素材によっては長期間のウイルスの生存の可能性がありますので、
洗面所などの唾液が飛散しやすいガラス製品は、噴霧だけでなく、清拭を行い、ウイルスを除去する必要があります。

新型コロナウイルスの二次感染を予防する消毒作業では、
感染源となりやすい場所、感染された方の導線、最後に滞在した日時、営業を再開する日などを考えた入念な消毒作業を行っております。

福岡市・北九州市近郊で新型コロナウイルス消毒はコチラから

新型コロナウイルスの二次感染予防の消毒で業者が気を付けること

施設の一室に大人数で消毒作業に入っているクラスター発生現場のニュースを見たこともありますが、

新型コロナウイルス消毒を複数人で行う場合には、作業分担を明確にする必要があります。

その理由は、
「責任の所在を明確して消毒漏れを防ぐ」ためです。

大人数で同じ場所の消毒作業を行うと、作業が重複し、責任の所在も文無やとなります。
結果、消毒漏れが発生してしまう可能性が高くなります。

ウイルスは目に見えないため、
感染症の現場では、作業分担を明確にして消毒漏れを防ぐ必要があるのです。

また、消毒薬剤の濃度や噴霧量が足りないとウイルスは不活化できませんが、
消毒面に埃や皮脂があると、ウイルスの不活化に有効とされる消毒薬剤濃度や量であっても、ウイルスが生存してしまうことがありますので、接触感染を防ぐためには、噴霧作業だけでなく、除去作業、除菌作業と三段階の対策を行う必要があります。

消毒業者も様々で、本業はハウスクリーニング業であったり、消毒の知識や経験のないパートアルバイトも作業を行っていることがあるようです。

福岡県で消毒業者をお探しの方は、ご相談ください。

福岡市・北九州市近郊で新型コロナウイルス消毒はコチラから

患者受け入れ病院での消毒作業

コロナ患者病院での消毒作業
コロナ患者病院での消毒作業
新型コロナウイルスの感染者を受け入れている病院で二次感染を予防するための消毒を任せて頂きました。

自らも感染するかもしれないリスクの中で使命感を持ってお仕事をされている防護服を着た看護師の方々を見ると、私たちもまだまだ頑張らなければと思います。

福岡市・北九州市近郊で新型コロナウイルス消毒はコチラから