Antibacterial

抗菌・抗ウイルス

ご依頼者の目的の達成を共に考える会社です

当社では、光触媒、無光触媒、金属イオン(銅や銀、プラチナなど)の殺菌作用による抗菌・抗ウイルスコーティング施工を行っております。

幼稚園バスの抗菌近年、抗菌・抗ウイルスコーティングを採用されている企業様では、感染症対策だけではなく、店舗、施設、企業のイメージ向上を目的とされていることも多くあります。

イナバ抗菌サービスは画一的な施工方法ではなく、お客様とお打ち合わせの上、目的と予算を考えた施工のご提案をさせて頂きます。

まずはご相談ください。

電話受付:平日9時~18時
※営業時間外はメールにてお問い合わせください。担当者よりご連絡致します。
0120-987-073

対応エリア:東京都、神奈川県、福岡県、大分県、佐賀県、山口県、熊本県

オフィス、飲食店、保育施設、医院、病院、介護施設、宿泊施設、食品製造工場、アミューズメント施設、寮、学校、公共施設など

抗菌・抗ウイルスコーティングについて

エビテンス
菌やウイルスへの効果や配合されている成分が不明なものが多くありますが、上記のようなエビデンスの豊富な信頼性の高い製品を選定しております。

抗菌剤:酸化チタン光触媒・酸化タングステン光触媒、銀、銅、プラチナなど

施設の感染症対策

トイレの抗菌コート

クルーズ船のウイルス調査では、トイレの床での新型コロナウイルスの付着が多くみられたことが報告されています。特に男子トイレの便器の周辺は尿が飛散するため、さまざまな菌やウイルスの感染源となりやすいことは容易に想像ができます。感染源となりやすい床に対して耐摩耗性能の高い抗菌コート製品を用いた対策を行うことができます。

壁の抗菌

換気の難しい場所などについては、壁に抗菌作用のある光触媒等をコーティングする感染予防対策もあります。

落下菌測定

落下菌測定

壁、天井、床に対して光触媒コーティングを行い、
施工後40日経過後に落下菌測定をしたところ、施工前よりも菌数が激減していることが確認できました。空気の対流によって壁などのコーティング面に付着した菌が分解されていると考えられます。

手すりのコーティング

菌やウイルスはモノから人の手へ、人の手からモノへを繰り返して拡散していくことが知られています。
アリゾナ大学で細菌学を教えるチャールズ・ガーバ教授は「(ウイルスの付着した)手の方がクシャミより速くウイルスを広げる」とのこと。
抗菌作用のある光触媒を不特定多数の人が接触する手すりなどにコーティングする感染症対策の方法があります。

光触媒の効果

光触媒には、「親水性」という表面に付いた水が玉のような水滴にならずに、薄く広がって水の膜をつくる状態を作る機能があり、霧吹き等を使って親水性機能を確認することで、施工後の光触媒効果の持続を簡単に見分けることができます。

光触媒による抗菌コーティング施工について

光触媒コーティング面

光触媒コーティング面

光触媒自体は粉で成分のほとんどは水ですので、ただやみくもに光触媒コート剤を噴霧しても、上の写真の右側のように基材面で弾かれてコーティングされません。乾燥後、指でこすると簡単に光触媒が剥がれてしまいます。
試験データ上はウイルスを不活化させている製品でも、実環境を考えた施工を行わなければ効果が発揮できないのが光触媒コーティングです。

また、光触媒自体の効果は半永久的と言われていますが、誤った施工方法では効果は持続ないどころか、金属成分(銅や銀、白金、その他の抗菌成分)が一斉に剥がれて人が吸引してしまう恐れも考えられます。

光触媒による抗菌コーティングでは、施工の目的、使用する光触媒のバインダー性能、基材を考えた施工を行う必要があります。

当社の抗菌・抗ウイルス施工の考え方

新型コロナウイルスの流行によって、清潔志向が高まり、さまざまな除菌製品が溢れています。
「菌は悪いもの」と思われがちですが、過度な除菌はかえってヒトの免疫力を弱めることになると言われています。

人間は、生まれながらにして、体内に入ってきた細菌やウイルスなどの異物を排除して病気にならないようにする、「免疫」と言われる“自分で自分を守る力”を持っています。免疫機能は雑菌に触れる機会により発達すると言われてますので、滅菌状態の環境で生活を続けると、菌やウイルスに対する免疫力が低下して、かえって病気になりやすい体質になってしまう可能性があります。

光触媒コーティング技術によって、室内の空気中に浮遊する菌やウイルスを減少させることができますが、
日常生活の環境下で大きな減菌を行うことは、病気になりやすい体質を作る原因とも考えられます。つまり、感染症対策を目的とした光触媒コーティングでは、本末転倒と言えます。

光触媒は、うまく活用することによって、本来の目的を達成することができる優れた製品ですので、お客様とお打ち合わせの上、ご提案させていただきます。

よくある質問

■Q.他の消毒剤との違いは何ですか?
一般的な化学的防除法による殺菌では、有効性の一方で、薬剤耐性による弊害もみられます。一方で、光触媒は、電子の移動によっておこる酸化分解により細菌を死滅させるため、そのメカニズムから薬剤耐性というものが考えられません。

室内の実環境においては、光触媒自体は紫外線が照射される環境でなければ酸化分解が起こらないため、金属の有する殺菌作用を組み合わせることによって、暗所でも細菌の増殖を抑え、光が照射されることによって、完全な殺菌効果が期待できます。

■Q.どのような光触媒製品を使いますか?
光触媒コーティングは、基材や施設環境を考えた光触媒成分を選び、コーティングを行う必要があります。

イナバ抗菌サービスでは、3種類の光触媒製品からお客様の実環境を考えた施工をさせて頂いております。

お客様への安心や企業イメージの向上

ステッカーイメージ

ステッカー

卓上POPイメージ

卓上POP

施工証明書

施工証明書

施工後は、感染症対策を行っていることを可視化することで、企業イメージの向上や他社との差別化を行うことができます。

当社施工後は上記写真のような卓上POPやステッカーなどを無料配布しております。

また、業種業態、企業様がターゲットする顧客層によって、PRに効果的なデザイン性が異なりますので、POP等のオーダーメイドも承ります。

床の抗菌コート

イナバ抗菌サービスは画一的な施工方法ではなく、お客様とお打ち合わせの上、目的と予算を考えた施工のご提案をさせて頂きます。

まずはご相談ください。

電話受付:平日9時~18時
※営業時間外はメールにてお問い合わせください。担当者よりご連絡致します。
0120-987-073

対応エリア:東京都、神奈川県、福岡県、大分県、佐賀県、山口県、熊本県

オフィス、飲食店、保育施設、医院、病院、介護施設、宿泊施設、食品製造工場、アミューズメント施設、寮、学校、公共施設など